下篇[聽、看、蒐集、吃、喝]篇

村上春樹的世界
從1979年的《聽風的歌》開始,村上春樹陸續創作《世界末日與冷酷異境》、《挪威的森林》、《地下鐵事件》、《海邊的卡夫卡》…等人氣著作,也屢屢獲得文學獎項的肯定,是日本最具代表性的文學家之一。之前的「村上春樹 上篇特集」聊了閱讀相關的事,而「村上春樹 下篇特集」就要來談談閱讀以外的事。

聽的、看的、蒐集的、吃的、喝的,BRUTUS請到村上春樹來和大家分享他的生活點滴。先送上古典樂唱片介紹特稿,再分析村上小說和音樂的關係,也討論了改編自村上小說的電影,還有藝術品、T恤的收藏特寫,重現村上小說的飲食料理,接近村上春樹的世界。

目次
村上春樹 下 「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編

村上春樹 2021年の聴く。
続『古くて素敵なクラシック・レコードたち』文・村上春樹
村上小説を音楽で読む。
村上さんのあたらしい居場所『村上RADIO』。

BOOK IN BOOK
復刻 村上春樹 × BRUTUS Part 2
ハワイでのトライアスロン参加ルポ。(1999年6月1日号) 文・村上春樹
本のある空間をめぐる断想。(1982年6月1日号) 文・村上春樹
〈 ピーター・キャット〉訪問記。(1980年12月1日号)

村上春樹 2021年の観る。
原作と映画を見比べる。~監督たちは、短編をこう変えた。
ドライブ・マイ・カー バーニング 劇場版 神の子どもたちはみな踊る ハナレイ・ベイ トニー滝谷

村上春樹 2021年の集める。
村上さんちのアートコレクション。

村上T 2021 また集まってしまったTシャツたち。

村上春樹 2021年の 食べる。飲む。
村上小説の食卓。

エピローグ 取材を終えて。

上篇[閱讀]篇

親自感受村上春樹的文字魅力
從「挪威的森林」、「海邊的卡夫卡」到「1Q84」…只要是喜歡日本文學的人一定認識日本作家村上春樹,1978年開始創作第一本小說「聽風的歌」的村上春樹,投稿到文學雜誌「群像」後一舉獲得群像新人文學賞,從此之後開啟他的創作之路。為讓更多人可以了解村上春樹,本誌特別要以上篇與下篇的方式來介紹村上春樹,而本次收錄的上篇中則是要以「閱讀」的方式來帶大家認識村上春樹的作品,除了要請到村上春樹透過文字來一一介紹51本創作之外,還要以「閱讀」為主題來收錄村上春樹的超長專訪,並且還要從文學、社會學以及文化的角度,透過年表的方式來回顧村上春樹的時代。

目次
村上春樹 上 「読む。」編

「うちの書棚から」文・村上春樹

村上春樹の私的読書案内。
51 BOOK GUIDE 文・村上春樹

著作で探る村上春樹。
数字で探る。
再読で探る。村上作品と私。
年表で探る。文芸・社会学・カルチャーで振り返る、村上春樹の時代。

BOOK IN BOOK
復刻 村上春樹×BRUTUS Part1
特集「ドイツの『いま』を誰も知らない! 」
三つのドイツ幻想/Et Tu, BRUTE?日常的ドイツの冒険
文・村上春樹

世界を旅して、観た。聴いた。
エッセイで巡る村上カルチャー地図。

翻訳家として何がすごいのか?

ようこそ、村上春樹ライブラリーへ。

村上文學

經典小說

「女のいない男たち」以来6年ぶりに発表される短篇小説集。収録作は以下の通り8作。「石のまくらに」「クリーム」「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」「『ヤクルト・スワローズ詩集』」「謝肉祭(Carnaval)」「品川猿の告白」(以上、「文學界」に随時発表)「一人称単数」(書き下ろし)。

雜文隨筆集

時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある ある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた―――村上文学のあるルーツ。